高級ブランドバッグが欲しいなら、百貨店の質流れをチェックしよう

LOUIS VUITTONやCHANELなどの高級ブランド品は、女性の永遠の憧れです。丁寧に使うことでLOUIS VUITTONなどは一生モノのカバンや財布になることも多いです。しかし、ネックとしては値段が高い点。今回は新品ではなく、中古品にスポットをあてて紹介したいと思います。

新品と中古品の値段の差

私自身、社会人になって初めてボーナスが出た際、以前からずっと欲しかったLOUIS VUITTONのカバンを購入しました。値段は18万円。一か月分のお給料は全て吹き飛んでしまう値段です。自分へのご褒美のつもりで、清水の舞台から飛び降りる気持ちで購入したことを覚えています。

高級ブランドバッグへの憧れはあるものの、金銭面で「欲しい=購入」へはなかなか繋げられません。そこでおすすめなのが、中古バッグです。中古というと嫌悪感を示す人もいるかもしれませんが、最近の中古品は新品とほぼ変わらない状態で、そして安価に購入できるのです。値段は状態によりますが、中には半額近く下がっている場合もあります。

百貨店の質流れについて

中古バッグを取り扱っている店舗は、中古専門店以外にもインターネットの通販サイトなどがあります。通販サイトはブランドの種類が多い反面、実物を見ることができないというデメリットがあります。実物を見たい、安く買いたいという人にぴったりなのが、百貨店で催される質流れバザールです。

時期は様々ですが、中古ブランドを取り扱うショップが店が並びます。そのため欲しいバッグがあった場合には、複数の店舗を見比べて購入することができます。値段のことや傷がついているかなど、不明点はその場で担当者に確認できるのも魅力です。

まとめ

LOUIS VUITTONのように高級ブランドバッグは最低でも10万以上するものが多いです。HERMESのバーキンなどは、新品の場合さらに一桁増えます。「手が届かない」と思いがちですが、中古ブランドショップを利用することで手が届く値段になることもあり、「欲しい=購入」を実現できる可能性もあるので、ぜひ利用して見てはいかがでしょうか。